営業力と真の営業力

住宅の仕様変更とは異なり性能をすぐに手に入れる事はできないが、いったん向上してしまえば受注の原動力として臨機応変に貢献し続けるのが営業力。

そして、様々な展開を予測しながら戦うチェスプレイヤーのように、狙い通りに受注を“チェックメイト”できるのが「真の営業力」です。

「五能」という5つの営業性能

営業力が向上しない理由は色々とあるが、そもそも営業力を具体的にどう定義するのか。営業力とはずばり、営業パーソンの「性能」である。 自分自身の実践経験やこれまでに関わった多くの営業パーソンの特徴などから考え、細分化してひとまとめにしたのが【和・伝・聞・解・変】の「五能」と呼ぶ指標です。

「五能」について詳しく見る

「受注八原則」という
受注達成に必要な8つの項目

短期的な活躍で終わる人と長期的に活躍していける人では、日々の行動が異なります。継続して受注を取り続ける営業パーソンには日々の営業活動の中で繰り返し実践し磨き続けているものや、受注のストックを確保し続ける為に継続して行っている事があります。その、継続的に受注を獲得するために必要となる実践要素が【1.初回接客】【2.有効商談】【3.クロージング】【4.業界専門性】【5.ランクアップ】【6.紹介活動】【7.全社的生産性】【8.自己成長】です。

「受注八原則」について詳しく見る

資料請求・お問い合わせ

Copyright © 2016 IMPLY. All Rights Reserved.